Hisashi Nakao



Full list of publications

書いたものについては備忘のため(ページ数とか雑誌の名前とか本の名前とか),まだ書いていないものについては書くよという意思表示のためです.ただし,現在書いているとかもう書いたとかそういうことを保証しているわけでは決してありません.

  1. 橋彌和秀・中尾央訳.2018. 『思考の自然史』(仮)(translation of Tomasello, M. 2014. A natural history of human thinking,勁草書房.
  2. 中尾央・橋彌和秀訳.2018. 『道徳性の自然史』(仮)(translation of Tomasello, M. 2016. A natural history of human morality,勁草書房.
  3. 中尾央.2018. xxx.阿子島香・溝口孝司(監修)『ムカシのミライ:プロセス考古学×ポストプロセス考古学』勁草書房.
  4. 中尾央.2018. xxx.阿子島香・溝口孝司(監修)『ムカシのミライ:プロセス考古学×ポストプロセス考古学』勁草書房.
  5. 中尾央.2018.
  6. Nakao, H. under review. Japanese archaeology and natural science: A quantitative approach.
  7. 中川朋美・中尾央. under review. 人骨から見た暴力と戦争:海外での議論を中心に.
  8. Tamura, K., Arimatsu, Y., Nakao, H., Yamaguchi, Y., Matsumoto, N. In preparation.
  9. Nakagawa, T., Nakao, H., Tamura, K., Arimatsu, Y., Matsumoto, N., and Matsugi, T. In preparation.
  10. 松木武彦・中尾央.2017.はじめに.『文化進化の考古学』勁草書房,i-viii.
  11. 中尾央.2017.あとがき.『文化進化の考古学』勁草書房,pp. 165-175.
  12. 中川朋美・中尾央.2017.戦争と人間進化:縄文・弥生時代を中心に.『文化進化の考古学』勁草書房,pp. 89-124.
  13. 松木武彦・三中信宏・中尾央(編).2017. 『文化進化の考古学』勁草書房.
  14. 中尾央.2017.書評:「協力する種」『社会心理学研究』.
  15. Nakagawa, T., Nakao, H., Tamura, K., Arimatsu, Y., Matsumoto, N., and Matsugi, T. 2017. Violence and warfare in the prehistoric Japan. Letters on Evolutionary and Behavioral Science, 8(1), 8-11. (doi: 10.5178/lebs.2017.55)
  16. 標葉隆馬,上田昌文,中尾央,川本思心,吉澤剛.2016.自然科学系学協会におけるRRI活動に関する基礎調査.研究・イノベーション学会年次学術大会講演要旨集, 31: 94-97
  17. 中尾央. 2016. 戦争と人類史.『文藝春秋』2016年11月号.pp. 86-88.
  18. 中尾央. 2016. 人間進化と二つの教育:人間進化の過程において教育はどのような役割を果たしたか.『現代思想』5月号,pp. 188-197.
  19. Nakao, H., Tamura, K., Arimatsu, Y., Nakagawa, T., Matsumoto, N., and Matsugi, T. 2016. Violence in the prehistoric period of Japan: the spatiotemporal pattern of skeletal evidence for violence in the Jomon period. Biology Letters, 12: 20160028 (doi: 10.1098/ rsbl.2016.0028) (Correction, doi: 10.1098/rsbl.2016.0847).
  20. 吉田茂生・中尾央.2016. 類推としてのアナロジー:地球の内核の異方性のモデリングを行った一研究を事例として.春日直樹(編)『科学と文化をつなぐ』東京:東京大学出版会,pp. 40-53.
  21. 中尾央. 2016. モジュラリティとその批判.『人工知能学辞典』(辞典項目)
  22. Sugawara, Y. and Nakao, H. 2015. What's new with the mechanistic philosophy? Comments on In Search of mechanisms: Discoveries across life sciences. Taiwanese Journal for Studies of Science, Technology and Medicine, 21: 233-240.
  23. 中尾央. 2015. 共感・共感的配慮と道徳性.『心理学評論』58(2): 236-248.
  24. Yoshida, Y. and Nakao, H. 2015. Evo-devo as a motley aggregation: Methodological and theoretical diversity in the 1980s. Biological Theory, 10: 156-166. (doi: 10.1007/s13752-014-0197-4)
  25. 中尾央・後藤和宏.2015. メタ認知研究の方法論的課題.『動物心理学研究』65(1): 45-58.(doi: 10.2502/janip.65.1.1)
  26. 中尾央.2015. 文化進化を研究するとはどういうことか.『文化情報学』10(1/2):28-46.
  27. 伊勢田哲治・村井俊哉監訳,植野仙経・川島啓嗣・菅原裕輝・中尾央訳.2015. レイチェル・クーパー『精神医学と科学哲学』(translation of Cooper, R. 2009. Psychiatry and philosophy of science),名古屋大学出版会.
  28. 中尾央.2015 『人間進化の哲学:行動・心・文化』,名古屋大学出版会.
  29. 標葉隆馬,飯田香穂里,中尾央,菊池好行,見上公一,伊藤憲二,平田光司,長谷川眞理子.2014. 研究者育成における「科学と社会」教育の取り組み‐総合研究大学院大学の事例から. 『研究技術計画』29(2-3): 90-105.
  30. 中尾央.2014. 言語進化と複雑系アプローチ:言語進化研究の何が問題なのか.『計測と制御』53(9): 835-840. (doi: 10.11499/sicejl.53.835)
  31. Nakao, H. and Andrews, K. 2014. Ready to learn or ready to teach: A critique to the natural pedagogy theory. Review of Philosophy and Psychology, 5(4): 465-483. (penultimate draft). (doi: 10.1007/s13164-014-0187-2)
  32. 中尾央.2014. 書評「心と行動の進化を探る ─人間行動進化学入門─」『生物科学』66(1): 63.
  33. 中尾央.2014.メタ科学の再構築.『生物学史研究』91: 4-7.
  34. 中尾央.2014. 同情的態度と前関心的態度.『ベビーサイエンス』13: 36.
  35. 中尾央.2014. 発達科学はいつから発達科学なのかー発達科学のこれまでとこれから.In 板倉昭二(編)『発達科学の最前線―進化する発達科学−』ミネルヴァ書房,pp. 189-208.
  36. 田中泉吏・中尾央・源河亨・菅原裕輝訳.2013.キム・ステレルニー『進化の弟子―ヒトは学んで人になった』(translation of Sterelny, K. 2012. The evolved apprentice: How evolution made humans unique),勁草書房.
  37. 田中泉吏・中尾央.2013.訳者解説.(キム・ステレルニー『進化の弟子―ヒトは学んで人になった』,pp. 294-303.)
  38. 中尾央.2013. 情報社会の倫理を考える際に進化生物学は無用なのか.Nagoya Journal of Philosophy.
  39. 中尾央.2013. 生物と無生物の間に入り込むロボット?――子どもはロボットをどう認識しているのか―― 板倉昭二・北崎充晃(編)『ロボットを通して探る子どもの心』,ミネルヴァ書房,pp. 177-191.
  40. 中尾央.2013. 進化心理学の擁護−批判の論駁を通じて.『科学哲学』46(1): 1-16(PDF).
  41. 中尾央.2013.ゲノム情報とエピジェネティクス―方法論的遺伝子中心主義の擁護. 『科学哲学科学史研究』,7:27-48.
  42. 吉田善哉・高尾克也・中尾央.2013. エボデボとエコエボデボ:進化生物学における二つの拡張された総合.『科学哲学科学史研究』.
  43. Nakao, H. 2013. Why the attribution of propositional beliefs and desires evolve? In In Proceedings of the CAPE International Workshops, 2012 (CAPE Studies in Applied Philosophy & Ethics Series Vol.1), pp. 163-171.
  44. Yoshinari, Y. and Nakao, H. 2013. Overlooked elements in the history of evo-devo: Studies of epigenetics in the 80s. In Proceedings of the CAPE International Workshops, 2012 (CAPE Studies in Applied Philosophy & Ethics Series Vol.1), pp. 39-49.
  45. Sugawara, Y. and Nakao, H. 2013. Mechanistic stance: An epistemic norm among scientists. In Proceedings of the CAPE International Workshops, 2012 (CAPE Studies in Applied Philosophy & Ethics Series Vol.1), pp. 50-59.
  46. Nakao, H. Ed. 2013. Proceedings of the CAPE International Workshops, 2012 (CAPE Studies in Applied Philosophy & Ethics Series Vol.1). Kyoto: CAPE Publications.
  47. Nakao, H. and Machery, E. 2012. The evolution of punishment. Biology and Philosophy, 27(6): 833-850 (penultimate draft).(doi: 10.1007/s10539-012-9341-3)
  48. 中尾央.2012.生物進化と文化進化におけるモジュール性.『科学基礎論研究』40(1): 1-8.
  49. 中尾央・三中信宏(編)2012.『文化系統学への招待―文化の進化的パターンを探る』,勁草書房.
  50. 板倉昭二・中尾央.2012.文化の継承メカニズム――学ぶことと教えること. 中尾・三中(編)『文化系統学への招待―文化の進化的パターンを探る』,勁草書房,pp. 119-143.
  51. 中尾央.2012.文化の過去を復元すること――文化進化のパターンとプロセス.中尾・三中(編)『文化系統学への招待―文化の進化的パターンを探る』,勁草書房,pp. 2-16.
  52. 中尾央.2012.文化進化研究の現在.『生物科学』63(4): 247-252.(HTML
  53. 中尾央.2012.BCCCD12参加報告書.日本科学哲学会ニューズレター No.48. PDF
  54. 中尾央.2012. Book review: Kelly, D. 2011. Yuck!: The nature and moral significance of disgust. Cambridge, MA: The MIT Press.『科学哲学科学史研究』, 6: 103-107 (PDF).
  55. 中尾央・三中信宏.2011. 第12回進化学会WS "Phylogenetic methods and thinking in cultural evolutionary studies" 報告記(ただし,各講演内容は各演者による要約).『日本進化学会ニュース』vol.11 No.2, pp. 34-35(PDF).
  56. 中尾央.2011.文化進化における進化可能性.横山輝雄(編)『ダーウィンと進化論の哲学』,東京:勁草書房,pp. 237-253.
  57. 中尾央.2011.文化とその系譜――文化系統学の(再)興隆.『科学哲学科学史研究』, 5: 51-70. (PDF)
  58. 中尾央.2011. Book review:Mitchell, S. Unsimple truths: Science, complexity, and policy, Chicago, IL: The University of Chicago Press, 2009. 『科学哲学科学史研究』, 5: 117-121 (PDF).
  59. 加地仁保子・中尾央.2010.人間本性と進化的説明.『哲学論叢』,37: S97-106.
  60. 中尾央.2010.人間行動生態学における最適化モデル.Contemporary and Applied Philosophy, 2: 1-13. [The use of optimality models in human behavioral ecology.Contemporary and Applied Philosophy, 2: 1-13. ] (PDF)
  61. 中尾央.2010.人間行動の進化的研究―その構造と方法論―.『進化論はなぜ哲学の問題となるのか』,松本俊吉編,東京:勁草書房,pp. 163-183.
  62. 中尾央.2010.ミームという視点.『科学哲学科学史研究』, 4: 45-64.[The meme's-eye view. PHS Studies, 4: 45-64.] (PDF)
  63. 有賀暢迪・中尾央.2010.認識論的徳としての客観性:イメージから見える科学の姿.『科学哲学科学史研究』, 4: 127-136. (PDF)
  64. 中尾央.2010. Book review: Godfrey-Smith, P. Darwinian populations and natural selection, New York: Oxford University Press.『科学哲学科学史研究』, 4: 137-140 (PDF).
  65. 中尾央.2009. 生物多様性と生物学の哲学.『生物科学』 60 (4): 219-224.
  66. 中尾央.2009. 心的モジュールの発生と発達―自然主義的科学哲学の立場から―.『心理学評論』 52 (1): 152-161.
  67. 田中泉吏・中尾央.2009. 道徳と言語のアナロジー説の批判的検討―感情説との比較を通じて―.『科学哲学科学史研究』, 3: 1-19.(PDF)
  68. 中尾央.2009. 心のモジュール説の新展開―その分析と二重継承説との両立可能性―.『科学哲学科学史研究』, 3: 21-37.(PDF)
  69. Nakao, H. and Itakura, S. 2009. An integrated view of empathy: Psychology, philosophy, and neuroscience. Integrative Psychological and Behavioral Science, 43 (1): 42-52.
  70. 中尾央.2009. Book review: Henrich, N. and Henrich, J. Why humans cooperate: A cultural and evolutionary explanation. 『哲学論叢』, Vol.35 (PDF).
  71. 大塚淳・田中泉吏・中尾央・西村正秀・藤川直也訳.キム・ステレルニー&ポール・グリフィス『セックス・アンド・デス―生物学の哲学への招待』(Sterelny, K. and Griffiths, P. Sex and death: An introduction to philosophy of biology).春秋社.
  72. 中尾央.2008. 人間行動の進化的研究における互恵的利他行動モデル.『科学哲学科学史研究』, 2: 75-86.(PDF)
  73. 中尾央.2008. Book review: Odling-Smee, J., Laland, K. and Feldman, M. Niche construction: The neglected process in evolution. 『科学哲学科学史研究』, 2: 162-164 (PDF).

Last modified: 12/13/2013